言葉変換『もんじろう』用アイコン 大腸内視鏡検査体験^^;   

2012年 05月 06日

先週、テンション下がっていた理由・・・それは、健康診断を受けた時、大腸検査(便潜血検査)でひっかかり、大腸内視鏡検査をしなければいけなくなったのでした。。。
大腸検査にひっかかったからといって、即大腸がんだというわけではないと言うけれど、やっぱり不安です・・・

今回は、何かでひっかかるだろうなという予感はあったのです。
健康診断の数日前、やたらとお腹がごろごろと鳴り、ガスがめっちゃたまってるような感じ。
でも、トイレに行っても出るわけではなく、しんどい一日を過ごしました。
翌日、下痢をするような感じのお腹の痛さがありトイレに行くも、何も出ない・・・
どうしたんだろうと思ってるうちに、健康診断の日を迎えた訳でございます。

そして、近くの病院に予約したものの、検査は2週間後。
とりあえず予約しておいて、近くでもっと早くに検査をしてもらえそうな病院を探し、見つけて予約したのが、連休の真っただ中。
実は、連休の前半に母親と旅行に行く予定をしていたけど、今回は泣く泣くキャンセル。
旅行から帰ってくる日が検査の前日にあたり、前日は食事制限があるので、旅行どころではない。
今回の連休は、前半とてもいいお天気だったので、ほんとに残念でしたわ(>_<)

さて、ここからは、大腸内視鏡検査の体験記です^^

事前に病院に行き、検査の説明と下剤一式もらって帰ります。
前日の食事は、病院によっては、これを食べて下さいと渡される病院もあるようですが、私が行った病院は、こんな食材はさけて、できればこんなものを食べて下さい・・・といったような感じでした。

私の検査日前日の食事はこんなメニューでした。
朝食:メロンパン 1個、ポカリスウェット
昼食:うどん(具なし)
おやつ:プリン 1個
夕食:卵がゆ、味噌汁(具はとうふのみ)、インスタントのコーンスープ
水分はお茶か水かポカリならいくら飲んでもいいそうです。

21時、コップ3分の2くらいの下剤の粉を水で溶かして飲む。
23時ころから下剤が効きはじめ、トイレの往復。これが夜中の1時半くらいまで続く。
翌朝6時半起床。
7時から1時間以上かけて「ムーベン」という下剤の粉を2リットルの水に溶かして、1リットルだけ飲んで下さいとの指示。
コップ一杯を15分かけて飲む。
最初のうちは、順調に飲めたけど、あと100mlというところでギブアップ。
それまでに何回かトイレに行っており、透明な液体になっていたので、もういいかと判断。
12時に病院到着。
検査用の服に着替えて、いざ検査室へ。
痛み止めはどうしましょう?と聞かれたけど、できれば打たずにされた方が検査後すぐに帰っていただけますよ・・・と言われたので、とりあえず痛み止め無しで検査開始。
でも、途中で激痛。
途中で痛み止めを打つはめになってしまった。
それを打ったら後は、スムーズに検査が進んでいきました。

ファイバーが最終地点まで行った後、戻ってくるところをモニター見ながら説明してくださいました。
肛門の近くに戻ってきたところで、なんと3つもポリープが(+_+)
大・中・小サイズ一つずつ。
大は切除した後、クリップで止められました。
中は切除後そのまま。
小は小さすぎて切除できないって事で、放置となりました。
大きいポリープについては、詳しい検査をするとの事で、後日検査結果に聞きに行くことに。

今の段階では、便潜血の原因はわかったものの、下痢の原因はわからないというか、ポリープが原因で下痢はないとの事。
じゃなんなんでしょう。。。
ビオフェルミンを飲んで様子をみましょうって事で、飲んではいますが・・・
検査日から今日まで、まだ下痢はないものの、若干やわらかい感じなんですよね。。。
ストレス性のものなのか、はたまた他に原因があるのか・・・

2日出勤し、マネジャーに一応報告。
間違いなくストレスやねって話をして、今後の対策としては、とりあえず残業を減らす努力をする。
しわ寄せがきたら、休日の昼間に仕事しますと宣言。
残業って、なんとなく気分的にしんどいので。。。
それなら休日に2~3時間だけ仕事する方が精神的にいいので、そうする事にしました。
あとは、いかにストレスを発散するかやね。。。
[PR]

by mami-uetti | 2012-05-06 11:36 | 日々のつぶやき

<< ならまち散策 京北町へドライブ >>